テーマ『帯状疱疹 ワクチンで予防しよう!』

 日本では80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になるといわれています。
多くの方が経験し、痛みなどのつらい症状に悩まされることも多いです。
その帯状疱疹をワクチンで予防できるようになりました。
どんな病気なのか、どのように予防したらよいのか、特に50歳を過ぎたら気をつけたい、
帯状疱疹のおはなしです。

◆帯状疱疹とは、どんな症状?
 水ぶくれを伴う赤い発疹が、身体(背中や胸、腕、顔、首など)の左右どちらかに帯状に出ます。
強い痛みを伴うことが多く、症状は3〜4週間ほど続きます。 また約2割の患者さんでは、皮膚の症状が消えた後も帯状疱疹に関連した痛みが続き、何か月、時には何年も痛みが残ってしまうこともあります。(「帯状疱疹後神経痛(PHN)」)
まれに目の合併症(角膜などにより視力低下、失明)や耳の合併症(難聴、耳鳴り、めまいなど)などが残ることもあります。
 

◆どうしてなるの?
 帯状疱疹の原因は、水痘・帯状疱疹ウイルスです。
はじめて感染した時は水痘(水ぼうそう)として発症し、治った後にもウイルスは体内に潜んでいます。普段は免疫力によって活動が抑えられていますが、加齢やストレスなどで免疫力が低下するとウイルスが暴れだし、帯状疱疹を発症します。
日本人の9割以上の方がこのウイルスを体内に持っているので、ほとんどの人が帯状疱疹になる可能性があります。

◆どんな時に発症するの?
 帯状疱疹の発症率は、50歳代から急激に高くなり、患者の約7割が50歳以上です。体の免疫力が低下した時に発症します。加齢や疲労、ストレス、病後など、ある日突然に発症するかもしれません。
◆帯状疱疹を予防する方法は?
 帯状疱疹を予防するワクチンがあります。対象年齢は50歳以上です。
子供の水ぼうそう予防に用いられるワクチンと同じものを使用し、接種回数は1回です。
予防接種を受けることで、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫が増強され、帯状疱疹の発症率が低下するといわれています。発症時の痛みが軽減する、また皮膚症状が治まった後におこる痛み(帯状疱疹後神経痛)の発症を抑える効果がみられます。
接種後、5年間の発症予防効果がみられたとの報告もあります(海外データ)
(予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません)

◆日常生活での注意点は?
 日頃から体調管理をこころがけ、免疫力を低下させないことが大切です。
食事や睡眠をきちんととること、疲れたら休息をとること、適度な運動を心掛けると良いでしょう。
 
◆帯状疱疹にかかったら?
 帯状疱疹と診断されたら、ウイルスを退治する抗ウイルス剤や痛みを抑える鎮痛剤などを使用します。
抗ウイルス剤による治療は、早めの診断、治療が効果的です。痛みを伴う発疹をみつけたら、できるだけ早く受診することをおすすめします。
帯状疱疹として人にうつることはありません。しかし、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫を持っていない人には感染する可能性があり、その場合は水ぼうそうを発症します。
帯状疱疹になると強い免疫が付きますが、かかった人のうち数%は再発するといわれています。


帯状疱疹についてのご質問がある方、予防接種を希望する方は、医師または薬剤師にご相談ください。
当院でも予防接種を行っております。(予約制)