検査項目を分かりやすく解説します。

内科診察 問診・診察
身体計測
身長・体重・血圧・肥満度・BMI・体脂肪率・腹囲の測定
呼吸機能検査 通常の健診で行われる肺の検査には胸部X線検査がありますが、これだけでは呼吸器疾患の早期発見は難しいとされています。早期発見のためには呼吸機能検査が必要です。
おすすめ検査のページもご覧ください >>>
胸部X線検査
正側撮影
上部消化器X線検査
胃透視
上腹部超音波検査
肝・胆・膵・腎・脾
経鼻内視鏡検査
(胃透視の代り)
鼻から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸の一部までを見ます。上部消化管X線検査(バリウム)では、食道腫瘍の早期発見はなかなか難しいため、経鼻内視鏡検査をおすすめします。
おすすめ検査のページもご覧ください >>>
大腸X線検査 バリウムを肛門から大腸に入れ、レントゲンを使って大腸全体を写します。ポリープを含めた腫瘍性病変などの早期発見に役立ちます。尚、前日からの準備が必要です。
胸部CT検査 一般の胸部X線検査では、心臓・血管・骨などの重なりにより肺の一部で死角になる部分がありますが、CTでは肺全体をくまなく検索でき、肺がん、肺結核などの検索に優れています。
おすすめ検査のページもご覧ください >>>
喀痰検査 喀痰の中には気管支粘膜から脱落した細胞が多く含まれていますが、この検査では脱落した細胞の悪性度を顕微鏡で調べ肺がんの存在を検索します。
事前に容器を郵送いたしますので、3日間の痰を採取して、当日お持ちください。
腹部CT検査 腹部超音波検査と同様に、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓など上腹部の臓器に存在する腫瘍などの検索をします。超音波検査に比べ、膵臓の腫瘍の検索に優れています。
心臓超音波検査 心臓の筋肉や弁の性状、動き、心臓内の血液の流れを超音波で観測し、心臓疾患を検索します。心電図異常のある方や、心雑音を指摘された方にお勧めします。
トレッドミル検査
(運動負荷心電図 )
トレッドミル(ベルト上を歩く)で運動負荷をかけながら、心拍数や血圧、心電図をリアルタイムに見ていきます。不整脈の出現がないか、心電図変化がないか、異常な血圧上昇がないか等を見ます。心臓病の早期発見に役立ちます。
腫瘍マーカー
血液検査で、がん細胞から出る微量の特殊物質を見つけ、がん細胞を早期発見しようという検査です。
項目/臓器























CEA
SCC抗原              
シフラ                
AFP            
CA19−9      
CA125          
PSA                
PRO-GRP                
【女性のみ】
子宮がん細胞診検査(頚部)、マンモグラフィー 又は 乳腺超音波検査
マンモグラフィーは、乳がんを診断する方法のひとつで、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影です。触っても判らないような早期の小さな乳がん、しこりを作らない乳がんを白い影(腫瘤影)や非常に細かい石灰砂の影(微細石灰化)として見つけることができます。悪性の病気だけでなく、良性のものも見つかります。
おすすめ検査のページもご覧ください >>>
乳腺超音波検査 乳がんをはじめとした乳腺の病変を超音波を用いて検索する検査です。触っても判らないような小さなものも発見できます。
骨密度測定 レントゲンで骨の密度を測ることによって骨粗鬆症の早期発見や将来の予防に役立てます。