肺がん検査には胸部CTが一番!

肺がんが急増中です。
人口10万人に対して肺がんの発生率は男性で90人、女性は47人で、肺がんは今後も増加する傾向にあります。

肺がん死亡はがん死亡の第1位になりました。(女性は第2位)
@ 肺がん 23.5%、A 胃がん 16.0%、B 大腸がん 11.4%
(2008年、男性のデータ)

肺がんは、早期に見つかりにくい代表的な「難治がん」です。

しかし手術が可能な早期に発見すれば、治癒が期待できます。
従来の肺がん検診と比較して胸部CTを導入した肺がん検診では、肺がんの発見率は2.7倍に上昇し、そのうちの83%が早期がんでした。また、その際に発見されたがん患者の5年生存率は71%であったとの
『東京から肺がんをなくす会』 の報告もあります。

胸部CTは、胸部のレントゲン撮影では発見しにくい非常に小さいがんの発見に有効です。

従来の胸部レントゲン撮影では心臓、横隔膜、大動脈などの太い血管、骨などに重なった肺の部分は見えにくく、また淡い陰影や直径数ミリの小さい病変は映らないことがありました。CTは輪切りの画像のため、そのような死角はなくなり、また分解能が高いため小さな病変も見つけることができるようになりました。
また、肺気腫などの慢性肺疾患や肺がんの危険因子となる肺線維症も容易に発見できます。
肺がんはできる場所によって、末梢性(肺野部)肺がんと中心性(肺門部)肺がんに分類されます。末梢性肺がんは肺の奥のほうにできるがんで、咳や痰などの自覚症状がでにくく、画像検査(胸部CT)が早期発見につながります。また、中心性肺がんは、肺の入口に近い太い気管支にできるがんのことで、ヘビースモーカーに多く、自覚症状として咳や痰がでやすいので、喀痰検査(細胞診)を定期的に行うことが有効な検診方法になります。

当院では次の方に健診に胸部CTを追加されることをお勧めしています。
  • 年齢50歳以上の方
  • ヘビースモーカー(喫煙指数600以上)の方
  • 家族がヘビースモーカーの方
  • 血縁者に肺がんのある方
  • 日頃から咳、痰、血痰(痰に血が混じる)がでる方
  • 有害物質(アスベストなど)を職業上取り扱っている方
  • 上記以外でも40歳、45歳の節目に
※喫煙指数:1日あたりの平均本数×喫煙年数
特に50歳以上のヘビースモーカーの方、40歳以上で過去半年以内に血痰などの自覚症状のある方、有害
物質を職業上扱っているかたは、胸部CTに加えて、喀痰検査(三日法)を含めた肺がん検診を受診さ
れることをお勧めします。

● 検査は月〜土の各健診コースにオプションとして追加できます●
内 容:肺がん検診:胸部CT、喀痰検査(三日法)
料 金:胸部CTのみ12,000 円(税別)/胸部CTと喀痰検査15,000 円(税別)
申 込:予約制 Tel 052-954-8001

※企業健診と同時に御受診いただく場合はシステムの都合上、その他の項目と同一用紙に結果が掲載されることを御了承願います。