もう内視鏡はくるしくない” −経鼻内視鏡の特徴−

口から入れる内視鏡検査といえば、苦痛をともなう検査というイメージが強いと思いますが、鼻から入れる内視鏡検査は、そのイメージがまったくありません。従来の口から入れる内視鏡検査は、検査する際にどうしても咽頭反射が起こってしまい、「オエーオエー」となっていました。

その点、鼻から入れる内視鏡検査はスコープを鼻腔から直接食道へと通すことで、咽頭反射がほとんど起きません。検査医と会話しながら検査が行えます。

今まで苦痛のない検査方法といえば鎮静剤を使用し検査する方法しかありませんでしたが、検査時間の拘束、副作用が問題となり簡単な検査ではありませんでした。しかしこの経鼻内視鏡検査は苦痛のない上に検査後すぐに職場復帰でき鎮静剤も使わないため安全に楽な検査をうけることができます

※経鼻内視鏡検査はポリープ切除や処置は行えません。また女性など鼻腔が狭い方は検査できないことがありますので消化器専門医にご相談ください。

検査料金(税別)
上部消化管内視鏡検査(経鼻・経口)・・・ 14,000円